排気量1000ccを超えるバイクのパワーウェイトレシオランキング [1000cc超クラス]

ここでは、排気量が1000ccを超えるエンジンを搭載している全95車種のバイクを、パワーウェイトレシオが小さいものから順番に並べています。

  • 2段目の[ ]内にある数値は体重55kgの人が乗った場合のパワーウェイトレシオで、馬力が小さくて車重が軽いバイクほどライダーの体重が加わった際の変化が大きく、大パワーで車重のあるバイクほど変化が小さくなっています。
  • 通常PWRはライダーの体重は無視して車両重量と馬力のみで求めた数値を元に格付けされ、「俺のバイク速い→俺すごい」とやるものですが、人が乗った場合で見るほうがより他車と比較しやすくなるかと思い作ってみました。

このランキングにおいてパワーウェイトレシオが最も大きかったのは、シャドウ ACE5.83kg/PS、最も小さかったのはNinja ZX-14R1.34kg/PSで、その差は4.49kg/PS、また該当する全ての車種の平均は3.05kg/PSという結果になりました。

ランキングにある車名の部分は、より具体的なデータをまとめた詳細記事へのURLリンクとなっておりますので、ご興味の湧いた車種がありましたら比較・検討にご利用ください。

このページは全95件・16ページ中の1ページ目、1-6件目件までの一覧表です。

画像車名&グレード出力
燃費
排気量
変速機
カワサキ
Ninja ZX-14R
ZX1400H型
[2017]
1.34kg/PS
[1.62kg/PS]
269kg/200PS
ZXT40EE
1441cc
6MT
スズキ
GSX1300R ハヤブサ
GX72B型
[2016/02]
1.35kg/PS
[1.63kg/PS]
266kg/197PS
X704
1339cc
6MT
スズキ
ハヤブサ1300
-
[2006/01]
1.41kg/PS
[1.72kg/PS]
246kg/175PS
-
1299cc
6MT
カワサキ
Z1000
R-Edition
ZR1000G型
[2017/06]
1.56kg/PS
[1.94kg/PS]
221kg/142PS
ZRT00DE
1043cc
6MT
カワサキ
Z1000
ABS
ZXT00W型
[2017/04]
1.57kg/PS
[1.96kg/PS]
221kg/141PS
ZRT00DE
1043cc
6MT
カワサキ
Ninja 1000
ZXT00W型
[2018/08]
1.67kg/PS
[2.06kg/PS]
235kg/141PS
ZRT00DE
1043cc
6MT
First戻る←→進むLast
ページ上部に戻る
パワーウェイトレシオを排気量別で分類
全車種
総合
50cc
クラス
125cc
クラス
250cc
クラス
400cc
クラス
750cc
クラス
1.0L
クラス
1.0L超
クラス
メーカー別で分類
ホンダ
限定
ヤマハ
限定
スズキ
限定
カワサキ
限定
エンジンタイプ別で分類
単気筒直列
2気筒
3気筒直列
4気筒
V型
2気筒
V型
4気筒
水平対向
6気筒