水平対向6気筒エンジンを搭載するバイクの最高速度ランキング

ここでは、水平対向6気筒エンジンを搭載するバイクのうち、当サイトのデータベースに登録している全10車種を、最高速度(トップスピード)が大きいものから順番に並べています。

  • ここでの最高速度とは、純正トランスミッションのうち「最も高いギヤ」を選択し、「二次減速比(前後スプロケット)は変更なし」で、「純正タイヤ」を装着しているとき、「最高出力発生時のエンジン回転数」にて出る計算上の速度であり、最高出力や走行抵抗は加味していません。
  • エンジンのレブリミット(回転数上限・車種ごとに異なる)は、最高出力が発生する回転数より少し高いところに設定されているので、出力のピークを過ぎた以降でも出力に余裕がある限り速度は伸びていきます。
  • 最高速度を伸ばす方法としては、エンジンの最高出力(馬力)を大きくする、エンジンの許容回転数を高める、ギヤ比(プーリー比)を高くする、タイヤ外径を大きくする、空力のよいボディにする等の方法があります。
  • お腹まわりや車体の軽量化をした場合、最高速度そのものは変わりませんが、加速が良くなるので最高速度に到達するまでの時間と距離が短くなります。

このランキングにおいて最高速度が最も大きかったのは、ゴールドウイング273.0km/h、最も小さかったのはゴールドウイング(GL1500SE)の188.1km/hで、その差は84.9km/h、また該当する全ての車種の平均は228.4km/hという結果になりました。

ランキングにある車名の部分は、より具体的なデータをまとめた詳細記事へのURLリンクとなっておりますので、ご興味の湧いた車種がありましたら比較・検討にご利用ください。

このページは全9件・1ページ中の1ページ目、1-9件目件までの一覧表です。

画像車名&グレード最高速度と回転数
[100kmh回転数]
排気量
変速機
ホンダ
ゴールドウイング
SC79型
[2018/04]
273.0km/h
126PS/5500rpm
[2010rpm]
SC79E
1833cc
6MT
ホンダ
ゴールドウイング
Tour
SC79型
[2018/04]
273.0km/h
126PS/5500rpm
[2010rpm]
SC79E
1833cc
6MT
ホンダ
ワルキューレ
SC34型
[1998/10]
218.4km/h
100PS/6000rpm
[2750rpm]
SC34E
1520cc
5MT
ホンダ
ワルキューレ ツアラー
SC34型
[1998/11]
218.4km/h
100PS/6000rpm
[2750rpm]
SC34E
1520cc
5MT
ホンダ
ゴールドウイング
GL1800 F6C
SC68型
[2015/11]
212.0km/h
117PS/5500rpm
[2590rpm]
SC47E
1832cc
5MT
ホンダ
ゴールドウイング
GL1800
SC68型
[2015/11]
209.3km/h
109PS/5500rpm
[2630rpm]
SC47E
1832cc
5MT
ホンダ
ゴールドウイング
GL1800 F6B
SC68型
[2015/11]
209.3km/h
118PS/5500rpm
[2630rpm]
SC47E
1832cc
5MT
ホンダ
ゴールドウイング
US
SC47型
[2004/05]
209.3km/h
109PS/5500rpm
[2630rpm]
SC47E
1832cc
5MT
ホンダ
ゴールドウイング
GL1500SE
SC22型
[1990/02]
188.1km/h
98PS/5000rpm
[2660rpm]
SC22E
1520cc
5MT
First戻る←→進むLast
ページ上部に戻る
最高速度を排気量別で分類
全車種
総合
50cc
クラス
125cc
クラス
250cc
クラス
400cc
クラス
750cc
クラス
1.0L
クラス
1.0L超
クラス
メーカー別で分類
ホンダ
限定
ヤマハ
限定
スズキ
限定
カワサキ
限定
エンジンタイプ別で分類
単気筒直列
2気筒
3気筒直列
4気筒
V型
2気筒
V型
4気筒
水平対向
6気筒