排気量1000cc超の圧縮比が高いバイク ランキング [1000cc超クラス]

ここでは、排気量が1000ccを超えるエンジンを搭載している全95車種のバイクを、エンジンの圧縮比(1気筒あたり排気量÷燃焼室容積+1)が高いものから順番に並べています。

このランキングにおいて圧縮比が最も高かったのは、GSX1300R ハヤブサ12.5、最も低かったのはシャドウ ACE8.0で、その差は4.5、また該当する全ての車種の平均は9.9という結果になりました。

ランキングにある車名の部分は、より具体的なデータをまとめた詳細記事へのURLリンクとなっておりますので、ご興味の湧いた車種がありましたら比較・検討にご利用ください。

このページは全80件・4ページ中の1ページ目、1-20件目件までの一覧表です。

画像車名&グレード圧縮比
出力
排気量
変速機
スズキ
GSX1300R ハヤブサ
GX72B型
[2016/02]
12.5
197PS
15.8kgm
X704
1339cc
6MT
カワサキ
Ninja ZX-14R
ZX1400H型
[2017]
12.3
200PS
16.1kgm
ZXT40EE
1441cc
6MT
ホンダ
VFR1200F
SC63型
[2014/04]
12.0
112PS
12.2kgm
SC63E
1236cc
6MT
ホンダ
VFR1200X
DCT
SC70型
[2014/04]
12.0
106PS
12.8kgm
SC70E
1236cc
6AT
ホンダ
VFR1200X MUGEN
SC70型
[2012/06]
12.0
129PS
12.9kgm
SC70E
1237cc
6MT
カワサキ
Ninja 1000
ZXT00W型
[2018/08]
11.8
141PS
11.3kgm
ZRT00DE
1043cc
6MT
カワサキ
Z1000
R-Edition
ZR1000G型
[2017/06]
11.8
142PS
11.3kgm
ZRT00DE
1043cc
6MT
カワサキ
Z1000
ABS
ZXT00W型
[2017/04]
11.8
141PS
11.3kgm
ZRT00DE
1043cc
6MT
スズキ
Vストローム1000
VU51A型
[2014/06]
11.3
100PS
10.5kgm
U501
1036cc
6MT
ヤマハ
VMAX
RP22J型
[2016/03]
11.3
151PS
15.1kgm
P626E
1679cc
5MT
ホンダ
CBR1100XX
Super Blackbird
SC35型
[2001/03]
11.0
101PS
10.0kgm
SC42E
1137cc
6MT
スズキ
ハヤブサ1300
-
[2006/01]
11.0
175PS
14.1kgm
-
1299cc
6MT
ホンダ
X11
SC42型
[1999/11]
11.0
101PS
10.0kgm
SC42E
1137cc
5MT
ヤマハ
XT1200Z
Super-Tenere
-
[2014/01]
11.0
112PS
11.9kgm
-
1199cc
6MT
ヤマハ
FJR1300A
RP27J型
[2013/12]
10.8
147PS
14.1kgm
P518E
1297cc
5MT
ヤマハ
FJR1300AS
RP27J型
[2013/12]
10.8
147PS
14.1kgm
P518E
1297cc
5AT
スズキ
バンディット1250
GW72A型
[2014/04]
10.5
100PS
10.9kgm
W705
1254cc
6MT
スズキ
バンディット1250F
GW72A型
[2016/02]
10.5
100PS
10.9kgm
W705
1254cc
6MT
スズキ
バンディット1250S
GW72A型
[2016/02]
10.5
100PS
10.9kgm
W705
1254cc
6MT
ホンダ
ゴールドウイング
SC79型
[2018/04]
10.5
126PS
17.3kgm
SC79E
1833cc
6MT
First戻る←→進むLast
ページ上部に戻る
圧縮比を排気量別で分類
全車種
総合
50cc
クラス
125cc
クラス
250cc
クラス
400cc
クラス
750cc
クラス
1.0L
クラス
1.0L超
クラス
メーカー別で分類
ホンダ
限定
ヤマハ
限定
スズキ
限定
カワサキ
限定
エンジンタイプ別で分類
単気筒直列
2気筒
3気筒直列
4気筒
V型
2気筒
V型
4気筒
水平対向
6気筒